やっぱり審査柔軟だった、私でも通ったのだから

クレジットカードの審査に通らなかった過去がある人でも、正社員でない人でも、アコムのクレジットカードなら持つことができたという話をよく聞きます。

アコムは審査が甘いのか、ということも頭に浮かびますが、クレジットカードは返済能力がない人には発行されません。クレジットというのは、その人を信用してお金を貸すということですので、信用がない人にはお金を貸すことはできません。

この点がクレジット会社は、より厳しいのですが、消費者金融の会社では、やや審査柔軟であるということができます。クレジット会社は正社員であり、ある程度の定収入がある人でないとカードを発行してくれません。勤続年数やどこかに借り入れがあるかどうかも重要なポイントです。

パートやアルバイトなど、正社員でない人はクレジットカードの申し込みをしても審査に通らないことが多く、あきらめてしまっている人もいることでしょう。しかしクレジットカードが必要な場面というのは、意外と多いものです。どうしても欲しいものがあるのに、現金がないためにみすみす逃してしまうのも惜しいものです。

クレジットカードがないと登録できないショッピングサイトもあります。そんな時には、クレジットカードがあれば解決します。アコムマスターカードでは、その人が返済能力があるかどうかを判定するのに独自の審査基準を設けています。その基準に合えば、パートやアルバイトでもクレジットカードを持つことができます。

その際に注意しなくてはいけないことがいくつかあります。まず申込書には勤め先など正確な情報を記入するようにしましょう。職業はフリーターのときは「アルバイト」と記入するようにします。フリーターという言葉は、仕事を転々とするイメージがあるので、定収入があるという印象が薄くなります。専業主婦や無職の人は、定収入がないので審査に通るのは難しいと考えられます。

どうしてもクレジットカードが必要な場合は、パートでも良いので、仕事を見つけてから数ヶ月して安定した頃に申し込むのが良いでしょう。申込み時点に、他社からの借り入れがないかどうかを確認しておくことも必要です。

特に数社から借り入れをしている場合は、返済能力が低いとみなされる可能性が高いので、注意が必要です。またクレジットカードがどうしても持ちたいからと言っても、他社と同時に申込みを行うことは控えましょう。申込み時点では、希望限度額を低く設定しておくのも、審査が通りやすいコツだと言えるかもしれません。